「プレイセンターにじっこ」帯広市市民提案型協働のまちづくり支援事業 報告会で発表しました!

投稿日:2020 年 2 月 20 日(木) | |

人前で話すのは緊張しましたが、事業の理念が伝わるように…気持ちを込めて発表しました!

プレイセンターにじっこの1年間の活動報告を、市民の方に向けてご報告してきました。

昨年の報告会についてはこちらをご覧ください

スーパーバイザーより簡単に事業の概要や、成果、課題、今後の展望についてご説明させていただき、その後、参加&運営に関わっているお母さん達からの発表がありました。

とても素敵な内容でしたので、HPでもお伝えいたしますね。

Aさん(1歳の男の子のお母さん)

私は息子が生後4か月の時に入会しました。当時は初めての育児に戸惑い、漠然とした不安、子どもと二人で取り残されているような寂しさを感じていました。

入会してよかったことは、共に子育てをする仲間ができて育児が楽しくなったことです。ぷれいおんには自分たち親子を見守ってくれたり、困った時は助けてくれる人がたくさんいて横のつながりだけでなく、たくさんのつながりができ、大家族の中で子育てしているような安心感があります。

子どもと過ごす日々は喜びもたくさんありますが、毎日やることがいっぱいあり、つらさや大変さを感じることもあります。そんな大変さの中で孤独を感じたり、頑張らなくちゃと思って気持ちの余裕がなくなったりすることもありましたが、「たくさんの人と交流しながら子育てするうちに子育てはひとりでやらず、周囲に頼りながらみんなでやったらいいんだよ」という事をぷれいおんで教わり、とても気持ちがラクになりました。

そしてにじっこは親の自主運営で1人1人できる役割をやったり、仲間と意見を出し合いながら、場を作っていけるので母としての自分だけでなく、自分自身を発揮できる場面があって自分も成長できるという喜びがあります。

自分が今子どもと共に楽しみながら少しずつ成長することが出来ているのは、みんなで子育てできて自分自身も尊重されるあたたかなばに支えられているおかげだと思っています。

 

「プレイセンターにじっこ」帯広市市民提案型協働のまちづくり支援事業 報告会で発表しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上記に表示された4桁の文字列を入力してください

あそぶ つながる 舞台をみる 子育て支援